コラム|曙橋駅で歯科・歯医者をお探しの方は清水歯科クリニックまで

〒162-0065
東京都新宿区住吉町6-6日本メータービル2F

03-3355-0693

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★:土曜は10:00~12:30、14:00~17:00
休診日:日曜・祝日  最終受付:診療終了30分前

コラムColumn

銀歯を白い歯にしたい方へ

皆さんこんにちは。

清水歯科クリニックです。

むし歯治療を行ったら、削った歯質を補うために「詰め物(インレー)」や「被せ物(クラウン)」を装着しますよね。

これらを保険で作る場合、歯科用合金を使用することがほとんどです。

いわゆる「銀歯」と呼ばれるもので、見た目の悪さから白い歯に取り換えたいと希望される方は少なくありません。

今回はそんな銀歯を白い歯にする「セラミック治療」について詳しくご紹介します。

 

セラミック治療とは?

セラミック治療とは、その名の通りセラミック材料を使って詰め物や被せ物を作る治療法です。

銀歯のような金属色が目立たず、天然の歯に近い形で欠損部を補うことができます。

ですから、銀歯の見た目の悪さに悩まされている方にとっては、非常にメリットの大きい治療法といえますよ。

 

金属アレルギーのリスクをゼロにできる

銀歯を白い歯に取り換えたいと考えている人は、金属色が目立つという点だけではなく、金属アレルギーのリスクがあるという点も不満に感じているようです。

確かに最近では、歯科治療が原因で金属アレルギーを発症するケースが増えてきていますので、その点を心配されるお気持ちもよく理解です。

また、セラミック治療であれば、そうしたリスクも限りなくゼロにできるため、賢明な選択といえますよ。

 

メタルフリー治療

セラミック治療の中でも、ジルコニアやセラミックといったノンメタルの材料のみで被せ物を製作すれば、金属アレルギーのリスクもゼロとなります。

いわゆる「メタルフリー治療」と呼ばれるものですね。

審美性および耐久性、さらには身体への安全性を第一に考えるのであれば、メタルフリー治療が最善といえます。

 

まとめ

このように、銀歯に不満や不安がある方は、セラミック治療を検討されてみてはいかがでしょうか。

当院であれば、患者さまのご要望に合わせた最適なセラミック治療をご提案できます。

その他にも治療法の選択肢はございますので、お気軽にご相談ください。

 

ページトップへ