コラム|曙橋駅で歯科・歯医者をお探しの方は清水歯科クリニックまで

〒162-0065
東京都新宿区住吉町6-6日本メータービル2F

03-3355-0693

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★:土曜は10:00~12:30、14:00~17:00
休診日:日曜・祝日  最終受付:診療終了30分前

コラムColumn

セラミック治療のメリットとデメリット

皆さんこんにちは。

清水歯科クリニックです。

詰め物や被せ物の治療では、材料を少し変えるだけで、たくさんのメリットが得られることがあります。

その代表が「セラミック治療」です。従来の歯科用合金ではなく、セラミックを使って詰め物や被せ物を作るだけ、驚くほど多くのメリットが得られるのです。

ただし、セラミック治療にはデメリットも存在します。

今回はそんなセラミック治療のメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

 

本物の歯のように美しい

セラミック治療の最大のメリットは、やはり「天然歯のような美しさ」です。

セラミックで作った詰め物や被せ物は、本物の歯とそっくりな色や質感、光沢を帯びています。

色の調節も行えるので、患者さまそれぞれの歯質に近づけることが可能です。

そうしたナチュラルな美しさは、銀歯はもちろんのこと、コンポジットレジンでも出すことは不可能といえます。

 

着色や摩耗が起こらない

銀歯やレジンの歯は、使っていく中で徐々に摩耗していきます。

ですから、1年2年と使っていく中でかみ合わせも変わっていってしまうものなのです。

一方、セラミックで作った歯は、基本的に摩耗することはありません

これはセラミックがとても硬くて丈夫な材料だからです。

しかも、着色や変色も起こりにくく、いつまでも白くて美しい状態を保てるのです。

 

身体にやさしい材料

セラミックは、金属のようにアレルギーの原因となることはありません。

生体との親和性が高く、お口の健康を害するようなことはないのです。

また、材料自体がとても安定しているので、その一部が溶け出し、歯茎を黒ずませる「メタルタトゥー」も起こり得ません。

これもまたセラミックが銀歯に優っている点といえます。

 

デメリットはないの?

もちろん、セラミック治療にもデメリットはあります。

セラミックはとても硬い材料ですが、ものすごく強い衝撃が加わると割れることがあります。

これはセラミック製のお皿も同じですね。

それから、保険が適用されないというのもセラミック治療のデメリットといえます。

 

まとめ

このようにセラミック治療にはメリットとデメリットがあります。

もちろん、メリットの方が大きいのですが、デメリットも踏まえた上で治療を選択することが大切です。

 

ページトップへ