コラム|曙橋駅で歯科・歯医者をお探しの方は【清水歯科クリニック】まで

〒162-0065
東京都新宿区住吉町6-6日本メータービル2F

03-3355-0693

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★:土曜は10:00~12:30、14:00~17:00
休診日:日曜・祝日  最終受付:診療終了30分前

コラムColumn

セラミック治療で歯のすき間や大きさを改善

皆さんこんにちは。

清水歯科クリニックです。

セラミック治療は、失った歯質を補うための歯科治療です。

そのため、基本的にはむし歯治療のあとに実施します。

ただ、それ以外にもいろいろなケースに適用できるのがセラミック治療の良いところです。

今回はそんなセラミック治療で改善できる歯の症状をご紹介します。

 

すきっ歯の改善

前歯と前歯の間に不自然なすき間がある状態を「すきっ歯」と呼びますよね。

こうした歯並びの乱れは、基本的に矯正治療で改善するものですが、ケースによってはセラミック治療で見た目を良くすることができます。

歯列矯正とは異なり、施術したその日にすきっ歯が改善されるのが大きな特長です。

また、費用もワイヤー矯正やマウスピース型矯正装置と比べると極めて安く抑えることができます。

 

歯の大きさの改善

歯の大きさというのは、歯の種類によって変わりますが、個々人によっても大きく異なります。

歯のサイズが極端に大きかったり、小さかったりすると、歯列全体のバランスを乱してしまうこともあります。

そんな時、セラミック治療で歯のサイズを調整すれば、口元の審美性を向上させることが可能ですよね。

歯の大きさは、歯列矯正では治すことができないので、セラミック治療を選択することが勧められます。

 

欠けた歯を元の形に戻す

外傷などによって歯の先端などが欠けた場合もセラミック治療が有効です。

失った歯質を限りなく元の状態に近い形へと回復させることができます。

色や質感、光沢などが天然歯に近いので、残った歯質との境界線も目立つことはありません。

 

まとめ

このように、セラミック治療であれば、すきっ歯のような歯並びの異常や歯の大きさのアンバランスなども改善することが可能です。

その他にも歯の見た目や機能面でお悩みを抱えている方は、いつでも当院までご相談ください。

セラミック治療はもちろんのこと、その他の治療法の選択肢もご用意しております。

患者さまのご要望をお聞きした上で、最善といえる治療法をご提案します。

 

ページトップへ