コラム|曙橋駅で歯科・歯医者をお探しの方は【清水歯科クリニック】まで

〒162-0065
東京都新宿区住吉町6-6日本メータービル2F

03-3355-0693

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★:土曜は10:00~12:30、14:00~17:00
休診日:日曜・祝日  最終受付:診療終了30分前

コラムColumn

ホワイトニングは誰でも受けられる?

皆さんこんにちは。

清水歯科クリニックです。

当院でも行っているホームホワイトニングは、基本的にどなたでも受けることができます。

歯を削ったり、麻酔をかけたりするような処置も伴いませんのでご安心ください。

ただ、いくつかのケースではホワイトニングできないこともあります。

今回はそんなホワイトニングの適用外となるケースについてわかりやすく解説します。

 

むし歯や歯周病がある

ホームホワイトニングを希望される患者さまには、始めに「口腔内診査」を受けていただきます。

お口の中に異常がないかを調べる検査で、ホワイトニングを実施する上で支障がないかをチェックします。

その際、むし歯や歯周病が見つかったら、まずはそちらの治療を優先します。

もちろん、むし歯や歯周病が治れば、ホワイトニングを行うことも可能となります。

 

歯に亀裂が入っている

むし歯や歯周病がなくても、歯の表面に亀裂が入っているとホワイトニングできないことがあります。

これはホワイトニング剤が亀裂を通じて歯の内部に入り込んでしまうからです。

その結果、痛みや不快感が生じるだけではなく、歯髄炎などの症状を引き起こすことがあるため注意しなければなりません。

 

歯の神経が死んでいる

歯の神経が死ぬことによって、歯が黒ずむことがあります。

そうした歯の変色は、ホームホワイトニングで改善するのは難しいです。

ホームホワイトニングはあくまで神経が生きている「生活歯(せいかつし)」に効果がある治療法だからです。

ちなみに、当院では行っておりませんが「ウォーキングブリーチ」というホワイトニング法であれば、神経が死んだ「失活歯(しっかつし)」の変色も改善することができますよ。

 

まとめ

このように、ホームホワイトニングはほとんどのケースに適用できますが、一部効果が見込めない症例もございます。

ですから、歯の黄ばみが黒ずみが気になる方はまずお気軽に当院までご相談ください。

歯の色が変わってしまった原因からしっかりつきとめていきましょう。

 

ページトップへ