コラム|曙橋駅で歯科・歯医者をお探しの方は【清水歯科クリニック】まで

〒162-0065
東京都新宿区住吉町6-6日本メータービル2F

03-3355-0693

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★:土曜は10:00~12:30、14:00~17:00
休診日:日曜・祝日  最終受付:診療終了30分前

コラムColumn

インプラントが「第二の永久歯」といわれる理由

皆さんこんにちは。

清水歯科クリニックです。

インプラントは、従来の治療法とは大きく異なる点があります。

そのため人工歯ではあるものの「第二の永久歯」と呼ばれることもあるくらいです。

今回はそんなインプラント治療の特長についてわかりやすく解説します。

 

「歯根」があるのはインプラントだけ?

歯を失った際に、治療法の選択肢として上がるのはインプラントだけではありません。

どちらかというと、保険が適用されるブリッジや入れ歯を希望する人の方が多いといえます。

やはりインプラントは高い、あるいは外科手術が必要になる、といったデメリットの部分が目立ちやすくもあるのです。

けれども、インプラントには「歯根」という他の治療にはないパーツが存在することで、たくさんのメリットが得られるようになっています。

 

本物の歯のようにしっかり噛める

当然ですが健康な歯であれば、硬いものでもしっかり噛むことができますよね。

これは歯の根っこの部分である「歯根」が存在し、顎の骨と一体化しているからです。

一方、入れ歯には歯根がありませんので、噛んだ時にグラグラ揺れたりします。

ブリッジに関しては、両隣の歯に支えてもらわなければ、噛むことすらできません。

その点、インプラントには人工歯根が存在しているため、本物の歯と同じようにしっかり噛むことができます。

 

見た目も美しい

入れ歯の見た目が悪いのは、装置が大型化しやすいからです。

おそらく、入れ歯を入れていて気付かない人はほとんどいないでしょう。

けれども、インプラントに関しては、装着していることに気付く人の方が少ないです。

専門家でなければ、インプラントと天然歯の区別はなかなかつきません。

つまり、インプラントは天然の歯と見まがうほどに美しいのです。

これもまた人工歯根があるおかげです。

同時に、「第二の永久歯」とも呼ばれる所以でもあるのです。

 

まとめ

このように、インプラントは機能や耐久性、審美性においても限りなく天然歯に近い人工歯といえます。

もちろん、治療が完了するまでには比較的長い期間が必要ですが、「第二の永久歯」が手に入ると考えたら、ご納得いただける方も多のではないでしょうか。

 

ページトップへ